ペルーで発見されたミイラたちが人類の歴史を語る!宇宙人発見…!?

TRIP

アンデス地方にあるマチュピチュやクスコなどの遺跡や、現在でも発掘調査が続いているカラル・スペ、そしてナスカにある巨大な地上絵など、歴史的に重大な意味を持つ多くの世界遺産を保有している南米・ペルーですが、国内のいたるところでミイラが発見されているようです。

エジプトなどでは肉体が残っていれば死者が蘇生すると考えられているため、王族など位の高い人々の遺体をミイラにして保管していたようですが、果たしてペルーではどういった理由で亡くなった人たちをミイラとして保管していたのでしょうか?

ペルーで発見されたミイラや、ミイラが作られた歴史的な背景などについてまとめてみました。

ペルーのアンデス地方で幼い子供のミイラが…!インカの悪習!?

ペルーがスペインに植民地として征服されるよりも前、インカ帝国の時代には、人々が飢えに苦しんだときや、国を治める皇帝が病に倒れたときなど、国の安泰を願って神に生贄を捧げる習わしがありました。

残酷なことに神への生贄として捧げられた大半は幼い子供たちの命で、純粋無垢な子供たちは国のために名誉の死と喜んで受け入れたんだとか。

しかし発掘された子供のミイラから麻薬の一種であるコカの葉が見つかっていたことから、直前まで死の恐怖と闘っていたのではないかと考えられています。

現代では考えられないような悪しき風習ですが、人々が暮らしていくのがやっとだった当時の生活環境では、神に祈りや生贄を捧げてより多くの民が生き延びることを願うのは、当然のことだったのかもしれませんね。

発見されたミイラはまるで眠っているようだった…!?

インカの悪習の犠牲になった幼い命が、1999年に標高6,700mの雪山でミイラとして発見されましたが、当時の科学者たちはそのミイラの様子に大変驚いたそうです。

ミイラを製造するためには、遺体から血を抜いて乾燥させたり、防腐剤の役割を果たす薬品に浸したりと死後の人体に手を加えるので、現代に発掘されるミイラのほとんどが大きく損傷しています。

ですが、アンデスの雪山から見つかった子供たちのミイラは、約500年前のものにも関わらずほんの数週間前に亡くなったのではないかと思ってしまうほど損傷が少なく、まるでただ眠っているような美しい状態で発見されたのです。

心臓などに血液が残っていたため食生活についても調査することができましたが、分析の結果当時特別階級の人々しか口にすることができなかった動物性たんぱく質が多く検出されたそうで、生贄となる子供が当時どれだけ人々にとって重要なものであったかということがよく分かります。

それにしても、酒や麻薬で恐怖を紛らせながら6,700mの雪山を登っていく子供たちの姿を思い浮かべると心が痛みますね…。

ペルー・ナスカで3本指のミイラを発見!まるで宇宙人グレイ…!

アンデス山脈からかなり離れたナスカの地で、かなり変わったミイラが発見されたと世界中で大きな話題となっています。

どんなミイラが発掘されたのかというと、なんと手足の指が3本ずつしかなく、その指が人間のものと比べるとかなり長いんだとか!

それだけでなく、レントゲンを撮影し詳細な分析をしてみると、かなり大きな眼孔を持っていて頭も長いということが分かったそうで、一部の研究者たちからは宇宙人のミイラではないか!?などと騒がれているようです。

これまでにも世界各国で宇宙人のものと思われるミイラが発見されていますが、どれも捏造されたものであったと鑑定結果が出てしまっているので、もしもこれが本物の宇宙人のミイラとなると歴史が大きく動くかもしれませんね!

本当に宇宙人なの?チンパンジーか何かのミイラでは…?

このナスカで発掘されたミイラの特徴である長い指は、木に登って生活するチンパンジーなどの霊長類の特徴のようにも思えますよね。

それに、もしも当時親指や小指を切断してしまうような風習があったとしたら、レントゲン撮影の際に長い3本の指であるように写ってしまう可能性もあります。

ですが、発掘されたミイラにそっくりな長い3本指を持つ人間の絵がナスカの遺跡に残されていて、これが科学者たちを激しく混乱させているようです。

放射性炭素年代測定の結果ではミイラは西暦245~410年のものではないかと推測されていて、ナスカ文化の時代とちょうど重なるので、もしかしたら人間がグレイのような宇宙人とともに生活していた時代があったのかも…!?

ペルーで発掘されたミイラはどれも一味違う!人類史を変える国!?

アンデスで発見された美しすぎる子供たちのミイラや、ナスカの宇宙人風ミイラなど、ペルーでは一風変わったミイラが次々と発見されています。

実はこのナスカの宇宙人風ミイラ、DNA上は100%人間のものであると証明されたということで偽物の疑惑がなくなり、今後の鑑定結果に期待が高まっているようです。

人間と宇宙人のDNAが同じなのかどうかは分かりませんが、かつて人間が現在と違った姿かたちだった!なんて研究結果が出たら、それは人類史を覆す大発見ですし、今後の発表が楽しみですね!

コメント