肌トラブルの原因はクレンジング?オーガニッククレンジングジェルに見直そう!

コラム

乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など肌トラブルがいつまでも改善されないとお悩みのあなた。
原因はクレンジングにあるかもしれません!
メイクを落としきれていなかったり、肌質に合っていないクレンジング用品を選んでいたり、使用方法を間違えていたり。
たたでさえ負担が大きいのに、さらに刺激を与えてしまうことで肌トラブルへとつながることがあるんです。

自分の肌に合ったクレンジング選びに困っている人におすすめなのが「オーガニッククレンジングジェル」
今回は、肌にやさしく負担や刺激を最小限にメイクを落とすことができるおすすめ商品をご紹介します!

さらに、オーガニックって本当に安全?基準が良く分からないという人のためにオーガニックコスメの選び方や注意点もご説明します!

クレンジングの見直しで肌トラブルを改善しよう

あなたは自分の肌質やメイクに合わせた正しいクレンジングを行っていますか?
間違ったクレンジングは肌トラブルの元なんです!

自分の肌に合っていないクレンジング用品を使用すると、油分の落としすぎで起こる「乾燥肌」や「敏感肌」、余分な油分やメイク残りによる「ニキビ」の原因になります。
さらにメイクが肌に残ると、皮膚のターンオーバーを妨げてしまうので、将来的にシミやシワができやすくなってしまいます。

クレンジングにより引き起こされる肌トラブルを防ぐためには、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

クレンジングによる肌トラブルの原因とは

合成界面活性剤などの成分によるもの

合成界面活性剤の強力な洗浄力や脱脂力のせいで、うるおいを奪いすぎることがあります。
その結果、乾燥肌を引き起こし、肌のバリアが低下したことで敏感肌など肌トラブルにつながります。

石油系の成分、エタノール、香料、防腐剤などの成分は肌への負担が大きく、アレルギーを引き起こす原因になります。

肌質に合っていない

クレンジングには、オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクと種類が分かれているので、自分の肌質とメイクの濃さに合わせて選ばなければなりません。

例えば、ニキビ肌の人がオイル系のクレンジングを使用してしまうと、ニキビの原因である「アクネ菌」が活性化してしまいます。
肌に負担の少ないクリームタイプも、荒れて敏感になった肌にとってはメイクを落とす際の摩擦が刺激になることがあります。

元々の肌質や、メイクの濃さ、現在の肌の状態に合わせてクレンジングを使い分けることが大切です。

間違った使用方法

指やコットンで強くこすり過ぎたり、肌にクレンジング剤がふれる時間が長すぎると肌を傷つけてしまいます。
手軽で便利なシートタイプのクレンジングも、水分がたっぷり含まれているとはいえ、肌に必要以上の刺激を与えていることがあるんですよ。
またしっかりアイメイクには、専用リムーバーやポイントメイク用のクレンジングをきちんと使用しないとメイク残りによる肌トラブルや色素沈着の原因になります。

クレンジング用品の使い方に限らず、すすぎが不十分だったり、お湯の温度が熱すぎるなど、
基本的な洗顔方法の間違いによって肌に負担をかけてしまっていることもあるのです。
自分のクレンジング用品の使い方や洗顔方法が正しいか、確認することも大切です。

肌トラブルには低刺激のオーガニックコスメがおすすめ

「オーガニック」という言葉は化粧品以外でも耳にすることがありますよね。

「オーガニック」とは「有機栽培」のことで、化学肥料や化学農薬に頼らず、有機肥料を使用して栽培することです。
昔ながらの自然な農法「有機栽培」で育てられた植物を原料に作られた化粧品が「オーガニックコスメ」です。
石油系のケミカルな成分は極力入れないようにしていて、防腐剤や香料も化学物質ではなく天然成分なので安心です。

オーガニックコスメはケミカルコスメに比べてやさしく、肌が持っている本来の力をアップさせてくれる働きがあります。
化学合成物質はしみや色素沈着の原因になることがありますが、その心配もありません。
天然アロマ成分でクレンジング中もアロマセラピー効果でリラックスすることができます。

また原料を栽培する際に、化学肥料や化学農薬などを使用しないため環境にやさしいといったメリットもあります。

オーガニックコスメを使用するときの注意点

植物によるアレルギーを引き起こす場合がある

山芋や大根をすりおろしていて手がかゆくなったり、かぶれた経験はありませんか?
植物でもアレルギー反応の原因となる成分は存在します。
食品として安全でも、肌にとって刺激となる場合があります。
そのため、オーガニックコスメが必ずしもすべての人の肌に合うとは限らないのです。

また天然成分で作られているからこそ、品質を一定に保つことが難しくなっています。
同じ植物でも大きさや味に多少の違いがあるように、成分や品質にも微量の差が生じることがあります。
その結果、突然アレルギーを引き起こしてしまうことがあります。
反対に人工の化学物質で作られたケミカルコスメは、品質のゆらぎがなく常に安定しているといえます。

オーガニックコスメは肌との相性があるということを知ったうえで、アレルギーテストを行ったり、お試しサイズから使用してみましょう。

日本はオーガニックの定義があいまい

海外では認証機関や団体による厳しい検査に合格しなければ「オーガニックコスメ」と名乗ることはできません。
日本にも認証機関は存在しますが法的なルールがないので、有機成分が0.01%でも含まれていればオーガニックコスメとして成立します。
そのため、化学合成成分をたくさん使用しているにもかかわらず「肌にやさしいオーガニックコスメ」として販売されていることがあります。

本物のオーガニックコスメを購入するためには、「ECOCERT(エコサート)」や「demeter(デメター)」など世界的に有名な認証機関のマークがついているブランドや商品を選びましょう。

オーガニックコスメと自然派・無添加コスメは異なる

オーガニックコスメは無農薬で化学肥料を使用しない有機栽培で育てられた原料で作られたコスメのことです。

無添加コスメは、アレルギーの危険性がある102種類の成分「表示指定成分」を配合していないコスメのことです。
刺激の大きい化学成分を極力含まない商品のことなので、化学物質の代用として植物由来成分を使用することはありますが、オーガニックではありません。

自然派コスメは、自然由来の植物エキスが配合されたコスメのことです。
こちらもオーガニックコスメと同様に、日本で明確な定義や基準が存在しないので、商品によって表示の基準がバラバラです。
自然派コスメは植物エキスを配合していますが、その原料が「有機栽培」によって育てられたものでなければオーガニックとは呼べません。

肌にやさしいイメージのオーガニック、無添加、自然派。
似ているようでそれぞれ異なるので、オーガニックコスメを選ぶ際は無添加・自然派と勘違いしないように注意しましょう。

オーガニック×クレンジングジェルが万能!

乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など、肌トラブルで悩んでいる方へおすすめのクレンジングが、「オーガニッククレンジングジェル」です。

オーガニックコスメは化学合成成分を極力含まずに作られているので肌への負担が少なく、さらに肌本来の力をアップさせることができます。

そしてクレンジング用品の中でもクレンジングジェルは肌にやさしく、水性ジェル(オイルフリー、オイルイン)、油性ジェル、オイルジェルと種類があるので肌質やメイクの濃さによって使い分けることができます。

ニキビ肌でマツエクをしている場合は水性ジェル(オイルイン)、敏感肌でほとんどメイクをしていない人は水性ジェル(オイルフリー)、乾燥肌だけど濃いメイクの人は油性ジェルなど
肌トラブルの状態とメイクの濃さにマッチして使用しやすいのが、クレンジングジェルです。

オーガニックコスメのクレンジングジェルを使用すれば肌に負担をかけずにメイクをしっかり落とせて、さらにケミカルコスメに頼らずに肌本来の力を取り戻せます。

オーガニックコスメはケミカルコスメのように即効性は感じにくいですが、肌自らの力で回復させていることを実感できます。

「オーガニッククレンジングジェル」はできるだけ肌にやさしく、負担なく、肌本来の力で肌トラブルを改善していきたいという方におすすめです。

おすすめオーガニッククレンジングジェル

オルナ オーガニック クレンジング ジェル

created by Rinker
オルナ オーガニック ( ALLNA ORGANIC )
¥2,000 (2018/11/14 07:30:21時点 Amazon調べ-詳細)

ニキビ肌や毛穴の黒ずみ、敏感肌に悩む女性に人気のクレンジングジェルです。
愛用者の満足度が93.3%だったり、Amazonでの口コミや評価も高い商品です。
美容成分が98.1%と美容液でクレンジングしている感覚で肌への刺激が少なく、汚れを落としたあとは、天然のうるいおいベールで肌を守ってくれます。
柑橘系の香りに癒されながらクレンジングすることができます。

世田谷コスメ オーガニック クリアクレンジング ココナッツ

created by Rinker
世田谷コスメ
¥1,620 (2018/11/14 07:30:21時点 Amazon調べ-詳細)

世田谷に暮らす女性たちの声を聞いて「本当に使いたい化粧品」を開発しているブランドです。
オーガニッククリアクレンジングは400mlと大容量なのに1,620円とコスパが高いことで人気です。
毛穴の黒ずみ、くすみケアの「京都宇治茶葉」と乾燥、ハリ・ツヤケアの「ココナッツ」の2種類があります。
今回のおすすめは保湿力が高く乾燥肌向けの「ココナッツ」です。
保湿力に優れたココナッツオイル配合、天然の無機物「重曹」により毛穴の奥の汚れまですっきり落とすことができます。

PRIMAVERA セージグレープ クレンジングジェル

プリマヴェーラはドイツ生まれのオーガニックアロマブランドです。高い品質と香りが人気で、肌質に合わせたラインナップがあります。
混合肌~脂性肌用「セージグレープ」ラインのクレンジングジェルは、皮脂とメイクの汚れをしっかり取り除きニキビや肌荒れを防ぎます。夏のベタつく時期にも最適です

まとめ

いかがでしたか。肌への負担の大きいクレンジングはできるだけ刺激の少ないものを選びたいですよね。

肌にやさしい組み合わせが「オーガニッククレンジングジェル」です。
オーガニックコスメが肌にやさしいことはもちろんですが、クレンジングジェルと組み合わせることで、
クレンジングミルクなどにありがちな「肌への負担が少ないのは良いけど、メイク汚れがきれいに落ちない」という悩みを解決することが可能です。

オーガニッククレンジングジェルを使用することで、化学合成成分による肌トラブルが改善されたり、肌本来のパワーを取り戻すことができます。

ただし、ケミカルコスメに比べてすぐに良くなったと実感できるまでに時間がかかるので、あせらず気長に使用することをおすすめします。

ぜひご自身のクレンジングを見直して、ツヤツヤの健康的なキメのある肌を目指してくださいね。

コメント