ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書視聴方法|無料動画(吹き替え/字幕あり)オススメの方法を紹介

今回はみんなが知らない映画をお得に見る方法を伝授します。簡単にできるのでぜひやってみてね!

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 の動画を無料で見る方法

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 をいい画質で見るには、U-NEXTの無料会員になるのがオススメ。自分の好きなものだけ無料で楽しもう!

「ビデオ見放題サービス 1,990 円が 31 日間無料」
600 円分の U-NEXT ポイントがもらえるのでそれを使って見放題作品 80,000 本を 31 日間無料で視聴できます!

👇下のバナーから申し込みすると31日間無料でご覧いただけます!

映画ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 の情報/動画

予告編は上記からご覧いただけます。

映画の内容

ジョン・F・ケネディとリンドン・B・ジョンソンの両大統領によってベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に戦争に対する疑問や反戦の気運が高まっていたリチャード・ニクソン大統領政権下の1971年、以前に戦況調査で戦場へ赴いたことがある軍事アナリスト ダニエル・エルズバーグは、ロバート・マクナマラ国防長官の指示の元で自らも作成に関わった、ベトナム戦争を分析及び報告した国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を勤務先のシンクタンク、ランド研究所から持ち出しコピー機で複写、それをニューヨーク・タイムズ紙の記者 ニール・シーハンに渡し、ニューヨーク・タイムズがペンタゴン・ペーパーズの存在をスクープする。
ワシントン・ポスト紙の発行人のキャサリン・グラハムと部下で編集主幹のベン・ブラッドリーは、ペンタゴン・ペーパーズについての報道の重要性を理解し、ベンはキャサリンの友人でもあるマクナマラ長官からニューヨーク・タイムズが掲載しなかった残りの文書を手に入れるよう、彼女に進言する。だが、友人を追い詰めたくないとキャサリンから拒否され、ベンが仕方なく別の情報源を探り始めたとき、デスクに謎の女性から文書の一部が持ち込まれる。至急記事にしようと躍起になるベン達だったが、この文書もタイムズ紙から先にスクープされてしまう。しかし、2回も政府の機密文書をスクープしたことで、タイムズ紙は政府から記事の差し止めを要請される。それを知ったキャサリンはベンにその旨を伝え、差し止め命令が下されれば記事にすると法律違反となり、ポスト紙での掲載もできないと警告するが、これをチャンスと見たベンは、彼女の注意をよそに文書の入手を部下に命じる。

キャスト

  • キャサリン・グラハム – メリル・ストリープ、日本語吹替 – 高島雅羅
    ワシントン・ポスト社主・発行人。
    自殺した夫フィリップ・グラハムからポスト社の経営を引き継いだ。家族が築いてきた会社のことを考え行動しているが、役員会からは彼女が発行人であることに対して否定的な意見が上がっている。
    立場上重要人物と交流する機会が多く、友人のマクナマラ長官らと交流する中でペンタゴン・ペーパーズの存在を知り、部下のベンと連携して情報を探るが、マクナマラから直接文書を入手することについては犯罪行為として頑なに拒む。
    ベンとは信頼関係を築いているが、文書の記事掲載については株主公開を控えた会社のことも考え、ぶつかり合う。

  • ベン・ブラッドリー – トム・ハンクス、日本語吹替 – 江原正士
    ワシントン・ポスト編集主幹。
    キャサリンがやめさせたアルフレッド・フレンドリー(英語版)の後任として、ニューズウィークから引き抜かれた。役員からは取材費用が掛かり過ぎるとして、海賊と呼ばれ評判が悪い。
    ライバル紙のニューヨーク・タイムズが大スクープをつかんだことにいち早く気付き、タイムズがペンタゴン・ペーパーズをスクープしてからはキャサリンやバグディキアンらと連携し、残りの文書の入手を試みる。
    地方紙であるポスト紙をタイムズ紙と並ぶ一流紙にのし上げることともに、報道の自由を守るためキャサリンを説得し、文書の記事掲載に反対する役員や、圧力をかけてくる政府に屈せず記事掲載を目指す。
    かつてはジョン・F・ケネディと友人関係で、たびたびパーティ等に招待されていた。

  • トニー・ブラッドリー – サラ・ポールソン、日本語吹替 – 相沢恵子
    ベン・ブラッドリーの妻。

  • ベン・バグディキアン(英語版) – ボブ・オデンカーク、日本語吹替 – 安原義人
    ワシントン・ポスト編集局次長・記者。
    以前はシンクタンクのランド研究所に勤務しており、ペンタゴン・ペーパーズをリークしたエルズバーグとは元同僚で、彼に接触して文書を手に入れようと奔走する。

  • フリッツ・ビーブ – トレイシー・レッツ(英語版)、日本語吹替 – 立川三貴
    ワシントン・ポスト取締役会長。
    経営に携わったばかりのキャサリンをそばで支え、彼女からも全幅の信頼を寄せられている。

  • アーサー・パーソンズ – ブラッドリー・ウィットフォード
    ワシントン・ポスト取締役。

  • ロバート・マクナマラ – ブルース・グリーンウッド、日本語吹替 – 花田光
    第8代アメリカ合衆国国防長官。
    表向きは政府の公表通りにメディア対応するが、内心は政府がベトナム戦争の実情を隠ぺいしていることに憤りを感じており、エルズバーグらにベトナム戦争の報告書を作成させる。

  • ダニエル・エルズバーグ – マシュー・リス
    元アメリカ合衆国軍事アナリスト。
    報告書作成のため戦地を訪れ、そこで知ったベトナム戦争の実情を国民に知らせるため、勤務先の研究所から文書を持ち出し、同僚のアンソニー・ルッソと共に実業家 リンダ・シネイの協力を得て文書を複製する。

  • メグ・グリーンフィールド(英語版) – キャリー・クーン
    ワシントン・ポスト社説編集。

  • ラリー・グラハム・ウェイマウス(英語版) – アリソン・ブリー
    キャサリン・グラハムの娘。

  • ロジャー・クラーク – ジェシー・プレモンス
    ワシントン・ポスト顧問弁護士。

  • アンソニー・エッセイ – ザック・ウッズ(英語版)
    ワシントン・ポスト顧問弁護士。

  • ハワード・サイモンズ(英語版) – デヴィッド・クロス
    ワシントン・ポスト編集局次長。

  • フィル・ジェイリン(英語版) – パット・ヒーリー
    ワシントン・ポスト記者・社説編集。

  • ジーン・パターソン(英語版) – ジョン・ルー、日本語吹替 – さかき孝輔
    ワシントン・ポスト編集局長。

  • マレー・マーダー – リック・ホームズ(英語版)
    ワシントン・ポスト記者。

  • チャルマーズ・ロバーツ – フィリップ・キャズノフ(英語版)
    ワシントン・ポスト外交特派員主任。

  • ジュディス・マーティン(英語版) – ジェシー・ミューラー(英語版)
    ワシントン・ポスト記者・コラムニスト。

  • エイブ・ローゼンタール – マイケル・スタールバーグ
    ニューヨーク・タイムズ編集局長。

  • ドナルド・E・グラハム(英語版) – スターク・サンズ
    ワシントン・ポスト記者。

  • ニール・シーハン(英語版) – ジャスティン・スウェイン(英語版)
    ニューヨーク・タイムズ記者。
    エルズバーグからペンタゴン・ペーパーズのコピーを入手し、最初に文書をスクープする。

これは誰でもできる無料で映画鑑賞の方法です!

この映画を見るには、U-NEXTの無料会員になって自分が納得できなければ課金前に解約するのがオススメ。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 超面白かった…。バナーから飛ぶと僕と同じ状態で楽しめるので映画をお得に楽しみたい方はぜひ!

👇下のバナーから申し込みすると31日間無料でご覧いただけます!

 

 

 

 

 

 

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

コメント