アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー視聴方法|無料動画(吹き替え/字幕あり)オススメの方法を紹介

今回はみんなが知らない映画をお得に見る方法を伝授します。簡単にできるのでぜひやってみてね!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー の動画を無料で見る方法

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー をいい画質で見るには、U-NEXTの無料会員になるのがオススメ。自分の好きなものだけ無料で楽しもう!

「ビデオ見放題サービス 1,990 円が 31 日間無料」
600 円分の U-NEXT ポイントがもらえるのでそれを使って見放題作品 80,000 本を 31 日間無料で視聴できます!

👇下のバナーから申し込みすると31日間無料でご覧いただけます!

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー の情報/動画

予告編は上記からご覧いただけます。

映画の内容

宇宙誕生以前に存在した6つの特異点が、ビッグバンと共に「空間(スペース)」・「現実(リアリティ)」・「力(パワー)」・「魂(ソウル)」・「精神(マインド)」、そして「時間(タイム)」と言った6つの異なる概念を司るエネルギーの結晶石となり、まっさらな宇宙を駆け巡った。それが、インフィニティ・ストーン。もし6つ全てのストーンを手に入れることができれば、全能の力を得られ、指を鳴らすだけで全宇宙の半分の生命を消すことができる。
ラグナロクの発動によるアスガルド滅亡後、地球を目指していたアスガルドからの避難船「ステイツマン」を何者かが襲撃した。それはニューヨークでの決戦の真の黒幕でもあるタイタン人・サノスの軍艦「サンクチュアリII」だった。サノスはアスガルド人の半分を虐殺し、ソーとハルクを打ちのめす。門番ヘイムダルは最期の力を振り絞り、虹の橋・ビフレストの剣の力でハルクを地球へとワープさせた。サノスは腹心であるコーヴァス・グレイヴの槍でヘイムダルを殺害すると、ロキが隠し持っていた四次元キューブを手にする。そしてキューブに隠されていた空間を司るスペース・ストーンを取り出すと、先にザンダー星を襲撃し入手していた力を司るパワー・ストーンも合わせ、左手に装着した金色の手袋・インフィニティ・ガントレットに2つのストーンを宿した。最期のあがきを見せたロキを殺し、パワー・ストーンが持つ無限の力で「ステイツマン」を破壊すると、残る4つのストーンを求めてどこかへ消えた。

キャスト

  • トニー・スターク / アイアンマン – ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替 – 藤原啓治
    アベンジャーズの共同リーダー。地球最大の巨大複合企業(元兵器産業)「スターク・インダストリーズ」会長にして天才発明家。自社の兵器がテロに使われたことを知り兵器製造から撤退し、テロと戦うべく自身が開発した最新鋭のパワードスーツを装着し、アイアンマンとして戦う。
    現CEOにして恋人のペッパーとのデート中に、バナーの話に応じたストレンジから呼び出しを受ける。ストレンジからタイム・ストーンの護衛の協力を求められるが、アベンジャーズの内乱の一件から、タイム・ストーンを手放すようにストレンジに言うなど、協力に否定的であった。また、ソコヴィア協定の影響でスティーブを含むほとんどのメンバーが指名手配されており、アベンジャーズが解散状態にあることがトニーによって明かされた。だが、バナーからソーの身に起きたことを聞かされると、スティーブから受け取っていた古い携帯電話を取り出し、再び彼らと共に戦うことを決意する。
    しかしそんな中、タイム・ストーンを求めてニューヨークへと襲来したエボニー・マウとカル・オブシディアンを、ストレンジ、ウォン、ピーターと共に迎え撃つが、タイム・ストーンを守護していたストレンジがエボニー・マウに拉致されると、彼を救出するべくQシップへと乗り込み、同じく密かに乗り込んでいたピーターと合流。ピーターの奇策でエボニー・マウを倒しストレンジを救出した。その後、サノスに奇襲を仕掛けるべくストレンジに共闘を持ち掛け、そのまま惑星タイタンへと移動。そこで一度はお互いの誤解で、クイル率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと戦う羽目になるが、共にサノスを打倒するべく協力関係を築いた。
    ニューヨークでの戦い以来、宇宙からの敵の襲来の事を6年間考え続けていたため、地球へ戻るように言ったストレンジにサノスへの奇襲を提案するなど、他のアベンジャーズのメンバーより考え方が過敏になっていた。
    本作では、全身ナノマシンで構成されている最新型のアイアンマンスーツ「マーク50」を装着する。
    参戦したピーターを未だに子供扱いしているが、Qシップ内での戦果から正式にアベンジャーズ入りを認めた。また、自分と同じ年代の生まれであるクイルとは、70~80年代のポップカルチャー関係で話が合う。

  • F.R.I.D.A.Y. (フライデー) – ケリー・コンドン、日本語吹替 – 安井絵里
    アイアンマンのサポートAI。本作でもトニーを補佐するが、彼がストレンジ救出のためにQシップに乗り込んで宇宙へ上がった後はネットワークの回線が届かなくなり通信不能となったため、それ以降はサポートできなくなってしまう。

  • ソー – クリス・ヘムズワース、日本語吹替 – 三宅健太
    神々の国「アスガルド」の王・オーディンの息子にして、最強の雷神。ラグナロクの発動によるアスガルドの崩壊から逃れ、地球へと向かっていた最中にサノスの襲撃を受け、四次元キューブ(スペース・ストーン)を奪われた末、アスガルド人の半数とヘイムダル、そしてロキを目の前で殺され、サノスへの復讐を誓う。
    後に、宇宙を漂っていたところをガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーに救出され、事情を話して協力関係を築き、サノスを倒すための新たな武器を調たちすべく、ロケット、グルートを連れて惑星ニダベリアへ向かう。この時ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー全員に、地球最強のヒーロー集団「アベンジャーズ」が地球でタイム・ストーンとマインド・ストーンを守っていることを伝えたため、後に惑星タイタンにて対立したトニーたちとガーディアンズが誤解を悟り協力しあうきっかけとなった。
    また、ニダベリアへと向かう最中に意気投合したロケットから義眼を貰い、以降は右目に着けている。なお、グルートの言葉は分かる模様(本人曰く「選択科目」だった)。サノスの養女であるガモーラに対しては、自分と同じように家族のことで苦悩している彼女に共感と理解を示していた。
    ワカンダでの決戦では、ニダベリアで作られたムジョルニアに代わる自身の新たな最強の武器「ストームブレイカー」の力で、ロケットとグルートを連れて戦場に現れ、雷神本来の力を最大限に発揮し、ブラック・オーダーを薙ぎ払った。

  • スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ – クリス・エヴァンス、日本語吹替 – 中村悠一
    第二次世界大戦末期に超人血清によって肉体を人間の限界以上にまで強化された、伝説の超人兵士。後にヒドラとの最終決戦後に氷海に墜落し氷漬けで仮死状態となったが、70年後にS.H.I.E.L.D.に発見され、70年の眠りから目覚めた。
    バナーからの連絡に応じて、スコットランドでブラック・オーダーに襲われていたヴィジョン、ワンダをサム、ナターシャと共に救出し、ローディと合流するべくクインジェットでアベンジャーズ本部へと赴く。アベンジャーズの内乱の一件で2年間国連に指名手配されているため、協力を得られるのはワカンダのみと判断してティ・チャラに連絡をとり、ワカンダでサノスの襲来に備える。
    アベンジャーズの内乱でトニーと決裂してしまい、サムたちと共にそれぞれの道を歩んでいたが、現在でもトニーを「地球を守っていた男」と称して全幅の信頼を置いている。
    本作では、ワカンダから提供された新たなヴィブラニウム製の盾を両腕に装備して戦いに復帰する。久し振りに地球に降り立ったソーと、互いの容姿の変貌ぶりについて冗談を言い合っていた。

  • ブルース・バナー / ハルク – マーク・ラファロ、ハルクの声 – ルー・フェリグノ、日本語吹替 – 宮内敦士
    キャプテン・アメリカを誕生させたスーパーソルジャー計画の再現実験中にガンマ線を大量に浴びたことで、怒りや憎しみなどの感情の高ぶりに呼応して、緑色の巨人「ハルク」に変身する能力を得た天才科学者。ソーたちと同様に、地球に向かう途中でサノスに襲われロキの作戦で反撃するも力及ばず敗北し、瀕死のヘイムダルによってビフレストの力で地球(ストレンジがいるニューヨークのサンクタム)へと逃がされる。
    帰還後はバナーの姿に戻り、偶然出会ったストレンジやトニーにサノスの脅威と宇宙の危機を知らせる。また、協力に消極的な態度を取っていたトニーを叱咤・説得し、スティーブたちに連絡を取らせようとした。Qシップが去った後、サンクタムを守護するべく撤退したウォンと別れ、トニーが落とした古い携帯電話を拾い、スティーブやアベンジャーズのメンバーに連絡を取り、サノスの脅威を報せた。
    後の戦闘では、バナーが自ら心拍数を上げてハルク化しようとしても、「ノー!」とハルクに一方的に変身を拒否されてしまい、ハルクは表に現れなかった。これによりバナーは、ワカンダでのブラック・オーダーとの戦いでは「ハルクバスター・マーク2」を装着して戦わざるを得なくなるが、装着時に「まるで自分の意識がはっきりしている状態でハルクになった気分だ」と評しており、非常に喜んでいた。しかし、最後に頼りになるのはハルクだと考えており、カルとの戦闘では再度のハルク化を試みている。
    本作冒頭以降、ブルース・バナーがハルクに変身できなくなった理由は、本作の監督の一人であるジョー・ルッソによると「『マイティ・ソー バトルロイヤル』でハルクが成長し自我が芽生えたことで、ブルースの都合でヒーローを演じさせられることを嫌がるようになってしまったため」とのこと[8][9]。

  • ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ – スカーレット・ヨハンソン、日本語吹替 – 米倉涼子
    元 S.H.I.E.L.D.のエージェントにして、世界最強の女スパイ。アベンジャーズの内乱以降は、アベンジャーズを離れてスティーブたちと共に2年間逃亡生活を送っていた。
    スティーブ、サムと共に、ブラック・オーダーに襲撃されたワンダとヴィジョンの危機を救った。ローディと合流するべく赴いたアベンジャーズ本部で、自分の想い人であるバナーと再会した時は複雑な感情を抱きながらも、誰よりも再会を喜んだ。ワカンダでの決戦では持ち前の身体能力とスキルを武器に、ワンダ、オコエと共にプロキシマ・ミッドナイトと戦う。

  • ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン – ドン・チードル、日本語吹替 – 目黒光祐
    アメリカ空軍大佐にして、トニーの親友。トニーと他のアベンジャーズメンバーからは、「ローディ」と呼ばれている。
    バナーから既に連絡を受けて接触していたため、逮捕の命を下したロスを無視し、本部に来たスティーブらとの再会を喜んだ。ソコヴィア協定に同意したことでスティーブたちと対立したことをトニーと同じく後悔しており、ロスとの通信でその旨を明かしていた。下半身不随は、トニーが製作したナノテクを応用したマシンで克服している。
    ワカンダでの決戦では、サムと連携して、より強化されたウォーマシンスーツを身にまとい、ブラック・オーダーを迎え撃つ。

  • サム・ウィルソン / ファルコン – アンソニー・マッキー、日本語吹替 – 溝端淳平[10]
    元落下傘兵にして、人工翼で飛行し戦うキャプテン・アメリカの相棒。特殊能力こそ持ち合わせていないが、そのウィングスーツ「ファルコン」の操縦能力と実戦で培われた戦闘力は、アベンジャーズの他メンバーに引けを取らないものがある。
    アベンジャーズの内乱後はスティーブ、ナターシャと共に行動しており、彼らとスコットランドへと向かい、ブラック・オーダーに襲撃されているワンダとヴィジョンを救出した。
    ワカンダでの決戦では、ローディと連携する。また、ファルコンと連携する戦闘支援用ドローン「レッドウィング」は3機に増えている。

  • ヴィジョン – ポール・ベタニー、日本語吹替 – 加瀬康之
    かつてウルトロンが開発したマインド・ストーンを埋め込まれたヴィブラニウム製の人工肉体に、トニーのサポートを務めていた人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)が移植されて誕生した究極の人造人間。ワンダと共にスコットランドで2年間隠遁生活を送っていたが、マインド・ストーンを所持していたためにブラック・オーダーの襲撃を受けてしまう。
    ワンダと救援に来たスティーブたちによって難を逃れるが、コーヴァス・グレイブとの戦闘で身体の密度を制御できずに負傷してしまう。
    アベンジャーズ本部へ赴いた後に、バナーやスティーブたちから事情を聞き、サノスを止めるために自身のマインド・ストーンだけでも破壊すべきと主張する。しかし、バナーから「マインド・ストーンを摘出すれば、自分の純粋な人格だけが残るのではないか」と指摘され、ストーンを摘出するべくスティーブの提案で彼らと共にワカンダへと向かった。ワカンダへ渡った後は、マインド・ストーンを摘出するべくティ・チャラの妹であるシュリの保護下に置かれた。
    本作では『シビル・ウォー』の頃よりさらに進化しており、マインド・ストーンの力で外見を普通の人間と同じように変化できるようになっていた。

  • ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ – エリザベス・オルセン、日本語吹替 – 行成とあ
    マインド・ストーンを利用したヒドラの人体実験で、テレキネシス、マインドコントロールなどの特殊能力を得た強化人間。アベンジャーズの内乱後、恋人関係になったヴィジョンと共にスコットランドで2年間隠遁生活を送っていたが、ヴィジョンがマインド・ストーンを所持していたためにブラック・オーダーの襲撃を受けることとなる。
    スティーブたちに救われて難を逃れ、アベンジャーズ本部で事情を聞いた後、マインド・ストーンと同等のエネルギーを持っているために、ヴィジョンからマインド・ストーンの破壊の役目を自身に任されたことで激しく動揺するが、バナーの提案で希望を見いだした。ワカンダでの決戦では、ナターシャ、オコエと共にプロキシマ・ミッドナイトと戦う。

  • ピーター・パーカー / スパイダーマン / アイアン・スパイダー – トム・ホランド、日本語吹替 – 榎木淳弥
    特殊なクモに噛まれた影響で、クモの特殊能力を得た高校生にしてニューヨークのヒーロー。アベンジャーズの内乱でトニーに能力を買われスカウトされて以来、アベンジャーズの一員になろうと努力してきた。ミッドタウン高校の課外授業中に、自身の持つスパイダー・センスで危機を感知してトニーとストレンジの元へ駆けつけ、サノスから宇宙を守るために参戦する。
    『シビル・ウォー』の時と同様に、昔の映画である『エイリアン2』を見て得た知識が、本作でエボニー・マウを倒すのに役に立つこととなり、ストレンジ救出に繋がった。この戦果がトニーに評価され、正式にアベンジャーズ入りを認められる。惑星タイタンでのサノスとの戦いにおいても、トニーたちと連携を取りながら、サノスを翻弄した。
    本作では、『ホームカミング』終盤でトニーから提供されるも受け取りを拒否した、ナノマシンで構成されている新型アーマースーツ「アイアン・スパイダー」を装着する。

これは誰でもできる無料で映画鑑賞の方法です!

この映画を見るには、U-NEXTの無料会員になって自分が納得できなければ課金前に解約するのがオススメ。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 超面白かった…。バナーから飛ぶと僕と同じ状態で楽しめるので映画をお得に楽しみたい方はぜひ!

👇下のバナーから申し込みすると31日間無料でご覧いただけます!

 

 

 

 

 

 

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

コメント