結婚式のネクタイは白なの?赤や柄はマナー違反?

コラム

結婚式に参列する際、ネクタイの色といえば【白】とイメージされている方も多いと思います。結婚式に呼ばれた時に慌てない為に、意外と知らない!?結婚式で付けてもいい、ネクタイの色や柄について詳しく説明していきます。

やはり「白」が基本!

結婚式に参列する際の一般的なカラーは【白】が定番です。
白いネクタイの他にも、シルバーやが年齢を問わず付けやすい基本カラーとなっています。

「白」以外のカラーは?

では、「白」以外のカラーはどうなのでしょうか。白いネクタイを持っていない方でも大丈夫!
最近の結婚式では、パステルカラーのゴールド、ピンクなども人気のようです。パステルカラーの優しい色合いは、華やかですが派手になりすぎず結婚式にもぴったりです。

「黒」は絶対NG!

黒のネクタイは、弔事をイメージする方が多く結婚式にはふさわしくありませんたとえ、柄があるものでも黒のネクタイは結婚式では避けましょう。

柄はあっても平気?

「結婚式の為にネクタイを新たに購入するのも・・・。」と思っている方もいるかと思います。ネクタイの柄といえば、ドットやストライプのものが定番ですが、基本的に柄のあるネクタイを結婚式で付ける事は、問題ありません。しかし、ヒョウ柄等の派手すぎるデザインは避けたほうがいいでしょう。<あくまでも主役は、新郎新婦なので目立ち過ぎないようにするのが基本です。

親族、友人によって、ネクタイの付け方ルールはあるの?

親族の場合、友人として参列する場合で、ネクタイの付け方にマナーの違いはありません。ただ、親族の場合は「招待する側」となるので、白やグレー、シルバーの定番カラーがおすすめです。

結び方は一つじゃない!お祝いの席に使えるおしゃれな結び方をご紹介!

ネクタイの結び方には、いくつか種類があるのはご存じですか?色や柄だけでなく、結び方でも華やかさを出す事ができます!
結婚式で使えるネクタイのアレンジをご紹介します。

基本の結び方「プレーンノット」

結び目が小さいので、すっきりとしたスタイルになります。きつく締めすぎないように結びましょう。きつく締めすぎない事で、シワが出来にくくなります。

プレーンノットの結ぶ手順

  1. 小剣の端を、大剣の上に、交差するように重ねます。
  2. 小剣を大剣の周りに一周するように巻いて、大剣の下に持っていく。
  3. 大剣を小剣の上に、横に交差するように持っていきます。
  4. 結び目を人差し指で抑えながら、大剣の先を襟元の方にくぐらせるように通したら人差し指を離して、大剣の先を下の結び目の間に通して下さい。
  5. 小剣を押さえ、大剣の先を下へ引っ張っりながら結び目を締めたら

出来上がりです。

ダブルノット

縦にに長くなる結び目が特徴の「ダブルノット」。細いネクタイの時におすすめの結び方です。

ダブルノットの結ぶ手順

  1. 大剣が小剣の周りを一周するように巻く。
  2. 小剣の周りをもう一周巻く。
  3. 大剣の端を、小剣の上に、交差するように重ねる
  4. 大剣を襟元の方に下からくぐらせるように通し、 結び目の袋に大剣の先を通す。
  5. 結び目を調節しながら 襟元の位置まで上げて位置と形を整えたら出来上がりです。

ウィンザーノット

しっかり固く結ぶ「ウィンザーノット」は、型崩れしないのが特徴です。結び目が大きくなります。

ウィンザーノットの結ぶ手順

  1. 大剣側の分量を多めに使います。その為、小剣側を短めにしてタイを首に掛けます。
  2. 大剣を小剣の上から重ねて、首もとのループの下から上に引き出します。
  3. 大剣を引いて小さく結び目を作って下さい。大剣にあまりシワが寄らないように注意してください。
  4. 小剣裏側に大剣を回します。
  5. 大剣を首もとのループに上から通して、下に引き抜きます。
  6. 大剣をキュッと引いて、三角形の結び目を作ります。大剣を小剣に2回巻きつけたました。
  7. 大剣を前から反対側に回したら、フロントにできた大剣のループに上から下へ引き抜いて下さい。

形を整えたら完成です!

「ディンプル」で印象が変わる!

ネクタイの「ディンプル」をご存じでしょうか。ディンプルとは、ネクタイの結び目の下に出来るくぼみです。基本的には、ネクタイを結べば自然と出来るものですが、ディンプルを綺麗につくれば、より華やかな印象になります。
この「ディンプル」には種類があるんです。

センターディンプル

真ん中にくぼみが出来る、オーソドックスなタイプです。

三つ折りディンプル

真ん中に山ができ、山の両端にくぼみが2つ出来るタイプ。ネクタイの見栄えが良く、結婚式には向いています。幅が広いネクタイだと、センターディンプル締めにくい場合があります。三つ折りディンプルがお勧めです。

アシンメトリーディンプル

くぼみの位置を左右のどちらかにずらしてディンプルを作るタイプ。緩めに巻き、デザインも変わっているので、2次会や結婚パーティーにおすすめ。

ネクタイピンでお洒落に決めよう!正しい位置・付け方とは?

ネクタイピンには、ネクタイの型崩れを防ぐ役割があります。普段はネクタイピンを付けていないという方も多いと思いますが、ネクタイピンを付けることで華やかな印象にもなるので、結婚式参列の際にお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。

どんなものがあるの?

ネクタイピンには、いくつか種類があります。

ワニ口式
バネによってネクタイを挟むタイプのネクタイピンです一般的にはこのタイプが多く売られています。

クリップ式

マネークリップと同じように、ネクタイを挟むタイプのネクタイピンです。他にもダイバータイプ等の種類があります。カラーは、シルバーやゴールドのものが華やかさもあり、おすすめです。

ネクタイピンを付ける位置は?

ネクタイピンは、少し高めの位置につけるのがポイント。仕事の際に付ける時は、低めの位置につける方も、せっかくのお祝いの席なので、少し高めの目立つ位置につけると華やかな印象になります。

お洒落なアスコットタイ

最近では【アスコットタイ】も人気が出ています。最近は、ブラックスーツやダークスーツなどの略礼装に取り入れられることも多いようです。ボリュームが出るので、華やかな印象になり友人が集まる披露パーティやニ次会にぴったりです!

フック式のアスコットタイ

留め具で付けるタイプのアスコットタイ。結ぶ事なく、簡単に付けられる事ができます。

リングタイ

アスコットタイにリングを通し、留めるタイプです。ネクタイピンのようにリングがアクセントになります。

アスコットタイの結び方

ブラインドフォールドノット(定番の結び方)

  1. 左右非対称にアスコットタイの巻きつけるほうを長めにとり首にかけ、結ぶ位置のポジションをとります。
  2. アスコットタイの短いほうを軸として、長いほうを上から巻きつけます。整えながら仕上げて行きます。
  3. アスコットタイの長いほうを1周巻きます。巻くときに長いほうを自分の顔側に引っ張っておくと、その後の工程がやりやすいですが、あまり強く引っ張るとシワになるので注意して下さい。
  4. アスコットタイを首の回りにできた輪の中に、アスコットタイの長いほうの先端を下から上へ通します。シワには注意しましょう。
  5. アスコットタイの結び目にできた輪の中に、先ほど通した先端をさらに上から通します。このとき強く引くと結び目の小さく、柔らかく引っ張ると結び目が大きくできます。
  6. 先ほどできた結び目をさらに首の輪に首の内側から外側に向けて通して垂らします。結び目が見えなくなり、ふんわりとなるように形を整えて出来上がりです。

ノンノット

  1. 小剣を長めにとり大剣の上に重ねます。
  2. 重ねた小剣を喉元を内側からくぐらせます。
  3. 表に出した小剣を大剣の下にくぐらせます。
  4. 次に、大剣の裏から出した小剣を喉元へ外側からくぐらせて裏側にできた結びの輪に小剣を通します。
  5. 結び目を整えながら裏の小剣を下に引き出来上がりです。

セミフォーマルノット

  1. 長さを整えて首にかけます。
  2. 一方の剣をもう一方に巻きつけ、輪の中に通し結び目を作ります。
  3. もう一方の剣も同じように巻きつけ、輪の中に通して結び目を作ったら出来上がりです。

挙式・披露宴・2次会等、パーティーシーンに合わせてネクタイの種類や結び方を変えればお洒落の幅も広がりますね!

コメント