20代におすすめのドレスと衣装マナーのご紹介!

コラム

20代は、学生時代の友人や会社の同僚の結婚式に、初めて参列するという方も多くなる年代。
初めての結婚式だと、衣装の準備にも一苦労します。
失敗しない!20代に人気のお呼ばれドレスとゲストの衣装マナーをご紹介します!!

20代におすすすめのドレス

結婚式の主役は、あくまでも新郎新婦
目立ちすぎない事が大切です。
しかし、お祝いの席なので、華やかさは忘れてはいけません。

定番はワンピース

結婚式のお呼ばれドレスの定番は、ワンピース
お洒落に自信がなくても、ワンピース1枚でコーディネート出来るのがワンピースの魅力です!
腰部分にリボンが付いているデザインなど、20代だからこそ着られるデザインもおすすめ!
肩が出るデザインであれば、ボレロやストール、ジャケットで肩を隠すようにしましょう。

ドレスのカラー

20代に人気のカラーと、おすすめ出来ないカラーとは!?
人気カラーは?

華やかなシーンにぴったりの赤のドレス。
派手になりそうと心配な場合は、黒のボレロやジャケット等を合わせると引き締まります!

青の中でも明るいトーンのものや光沢のあるもの、水色が20代にぴったり!
春夏の婚礼で着るのも季節感が出ておすすめです!
ピンク
人気のピンクは、やっぱり外せないカラー
20代だからこそ着たい色ではないでしょうか。
子供っぽくなりそうであれば、赤と同様、黒のボレロや黒のカバン、黒の靴で全体の色を抑えるのも効果的です。
人気はあるけど、被りやすいカラー
黒系ドレス
結婚式で多いのが、黒のドレス。
新婦が着るウエディングドレス、カラードレスと被らないようにと考えると、黒が無難なカラーの為、選ぶ方が多くなります。
お祝いごとでも、黒のドレスがNGということではありませんが、黒一色でまとめるよりもアクセサリーやボレロなどで、明るい色を取り入れると華やかな印象になります。

購入じゃなくレンタルもおすすめ!

結婚式に参列すると、ご祝儀や美容代・交通費となにかと費用がかかります
ドレスを購入するお金がない!」という方でも大丈夫!
購入しなくてもレンタルという方法もあるんです!
レンタルでは、ドレスだけではなく、アクセサリーやバックなどの小物類も借りることが出来ます
最短で3日間、借りる事が出来るので結婚式前日にドレスが届き、結婚式翌日の返却が可能。
2次会にも安心して参加出来ますね!
レンタル相場価格
第1位 5,000円~10,000円未満
第2位 5,000円未満
第3位 10,000円~15,000円未満
第4位 15,000円~20,000円未満
一番多いレンタル価格は、5,000円~10,000円でした!
やはり、お呼ばれドレスは低価格なものが選ばれるようです。
レンタルショップをご紹介!
種類豊富なドレスが揃うレンタルショップは、数多くあります。
数あるレンタルショップの中から、おすすめのショップをご紹介します!
Cariru(インターネット)
2泊3日からレンタルが可能です。
ブランドものも多数あり!
ポイントサービスもあるので、利用すればするほどポイントが貯まります
次回、お得にレンタルすることが出来る、嬉しいサービスです。
おしゃれコンシャス(インターネット)
6泊7日レンタルが、2,900円からと低価格
返却期間に余裕があるのが魅力です。
ブランドものも多数あり!
UEYAMA(インターネット)
楽天サイト内にあるレンタルサイト。
発送はなんと、結婚式5日前
早く届けてくれるのは安心ですね。
運送伝票もつけてくれるので返却の手間も省けます
送料はもちろん、0円です!
my closet(インターネット、店舗)
渋谷駅から徒歩30秒のところにあるレンタルショップ。
店舗では、実際のドレスを見ることができ、スタイリストのアドバイスも聞けて試着も出来るので失敗がありません。
また、インターネットでのレンタルも可能
インターネットでの注文に不安があるという方の為に、このお店では、予備ドレスとして2着目のレンタルが無料なんです!
「実際に着てみたらサイズが合わなかった!」「着てみたイメージがなんか違う!」
という時にも安心のサービス。
結婚式当日には、店舗でヘアセットも承っています。
トータルでお任せすることが出来ますね。

ドレス選びの選択肢が広がる!

レンタルは、低価格で多くのドレスの中から選べるため、選択肢が広がります!
出席者が被る結婚式に何度か参列する場合にも、同じものを着ていくことがありません!
低価格で、ブランドドレスが着られるのも嬉しいですよね!
「1度しか着ないのにもったいない」と思っていた方にはレンタルがおすすめです。
可愛いと思ったドレスが、他の方に予約されてしまうことがあるので結婚式が決まったら予約はお早めに!

結婚式NGドレスとは?


お祝い事を台無しにしない、お呼ばれ衣装のマナーをご紹介します!

白のドレスは絶対に着ない!

結婚式では、新婦がウエディングドレスまたは白無垢を着用するのが一般的です。
その為、新婦のドレスと同じカラーにならないようゲストは、白のドレスを避けるのがマナー
薄いピンクに白のボレロなども新婦の衣装に近いイメージになるので気をつけましょう

露出はしない!

ワンピースにも種類は多く、肩や背中を出すデザインの物も多くありますが、
結婚式に参列する場合には、露出を控えるのがマナーです。
もちろん、ワンピースのスカートの丈にも注意が必要。
ミニ丈の衣装ではなく、膝上や膝下のドレスが理想的です。
ただし、友人が多く集まるような夜のパーティであれば、多少の露出も大丈夫!
夜のパーティーの場合の正礼装は<イブニングドレス>
胸元や背中・肩が大きく開いていてノースリーブ、スカート丈は足首が隠れるぐらいのロング丈のものです。
夜の婚礼では、露出が多くても良いとされています。
昼・夜のドレスマナーも異なるので、パーティーシーンに合わせて選びましょう

ファー素材は避けましょう!

<殺生>を連想させるファー素材は、結婚式ではNG!
毛皮もマナー違反です。ボレロやストールを選ぶときに毛皮を選ぶのは避けてください。
親族や会社関係の方の中に、ご年配の方がいる場合、不快に思われる場合もあります。

柄物のデザインは、控えめに!

ドレスにも、アニマル柄やドット柄の物がありますが、派手な柄は目立ってしまう為、避けたほうがベター
柄のあるデザインのドレスであれば、控えめなものを選んでください。

素足は禁止!

結婚式に素足で参加するのはやめましょう!
肌色のストッキングを履くのがマナーです。
黒のストッキングやタイツはNG
理由は、弔事の時に黒のストッキングを履くのが一般的だからです。
また、網タイツも肌の露出が多くなるので避けてください。

靴のマナー

靴は、つま先が隠れるパンプスで!
オープントゥのパンプスやサンダルは、露出を控えるという理由から履くのはNG
履くとしたらつま先の見えないパンプスを履いてください。
また、ブーツやスニーカーも華やかな結婚式には合いません
おしゃれなデザインであっても履かないようにしましょう。

親族の場合は?

親族の結婚式に参列する場合、親族は招待している側になるので落ち着いた色合いのドレスがおすすめです。
控えめなコーディネートを心がけましょう。

マナーは忘れずにお洒落をしよう!

普段とは違うお洒落を楽しむことが出来る、結婚式。
結婚式は、様々な年齢・性別・職業の方が多く集まる場所です。
大切なマナーを守って新郎新婦の結婚をお祝いしましょう!

コメント