「containerdaysjp」がTwitterで話題に!コンテナでITが進歩する!?

Twitterトレンド

2018年4月19日のTwitterのトレンドに『#containerdaysjp』というキーワードがランクインしていました。

『#containerdaysjp』とは一体どんなものに関連するキーワードなのかハッシュタグから該当のツイートを探ってみると、コンテナの活用に関するイベントの案内や、コンテナの活用方法について記載されたツイートがいくつも見つかりました。

コンテナの活用というテーマから貿易や運送関連の企業が主催しているイベントではないかと考えた方も多いかと思いますが、今となっては私たちの生活に欠かせなくなっているITの分野でコンテナの活用が大変重要視されているようです。

コンテナの活用がIT分野においてどのような変化を生み出すのか、また実際にコンテナの活用を課題としている人たちから「containerdaysjp」のイベントに対する感想など、徹底リサーチしてみました!

「containerdaysjp」でコンテナの活用方法について学ぼう!エンジニアたちが感嘆

Twitterで話題の「containerdaysjp」ですが、正式には『Japan Container Days v18.04』というイベントで、コンテナの活用に関するイベントにもかかわらず参加者はシステムの開発や運用を担当するエンジニアがほとんどということです。

一体どうしてエンジニアがコンテナの活用について学ぶのか調査してみると、どうやらコンテナというのは倉庫などのスペースを意味するコンテナではなく、IT分野におけるデータ構造や開発技術を意味するものだということが明らかになりました。

ではこのIT分野におけるコンテナ(技術)とはいったいどういったものなのか、さらに調査を進めてみると、動作に対して少ないリソースで構築や軌道が行える優れた技術で、2010年の半ば頃から注目が集まっているそうです。

ITの分野では常に人不足が続いていますし、こういった効率を上げるための技術をより多くの現場で多くの人が使いこなしていくことが、今後のIT業界が進歩していくためのカギになってくるのではないかとも言われています。

ここ数年で一般の人たちにもAIやVRなどの新しい技術が浸透し始めていて、これからますます社会のIT化が進んでいくと言われていますし、AIの技術が進歩することで多くの仕事が人間の手から離れていくのではないかと予想されているので、今でも足りていない開発の人手不足はさらに加速していくのではないでしょうか。

コンテナ技術をよく知り、1人でも多くの人が実務レベルで使いこなしていくことは、今後の最重要課題の一つでもあるのかもしれません。

「containerdaysjp」が日本のIT業界を成長させる理由

コンテナ技術を多くの人が学ぶことがどうしてIT業界の今後に大きく関わってくるのか、その理由について考えられるものをいくつかご紹介します。

まず、難しい作業をこなせる人間がの数足りていないのにも関わらず、近年世界的にはますます複雑なプログラムを必要とする技術の進歩が進んでおり、人材の育成が大きな課題となっています。

たとえばAIやVRの技術を必要としている人がたくさんいてその分野の需要が高まっているのに、それらの開発に携わることができるだけのスキルを持った開発者がいないために開発が進まず、なかなか一般家庭に浸透しないといった問題が起こっています。

この問題を解決するために、多くの企業が人材育成にコストを割くようになったり、小学生の授業に基本的なプログラミングが必修科目として組み込むことが計画されたりと、様々な機関や国全体をあげた対策が練られていますが、こういった対策には即効性が期待できません。

企業が育成に力を入れても過酷な労働環境に新入社員が耐え切れず辞めてしまうことや、プログラミングを必修科目として学んだ小学生たちが大人になって仕事に就くまでに時間がかかることで、実際の現場が変わるまでにとても長い時間がかかってしまうからです。

もちろん、時間をかけた人材の育成も今後の日本のIT業界の発展のためには欠かせない要素の一つではありますが、ものすごいスピードで日々進歩していく科学技術の進歩に対応していくためには、即効性のある対策が必要不可欠なものとなってきます。

つまり、今すでに現場にいるある程度の開発スキルを持った人たちに、より効率よく開発を進めてもらう以外方法がありません。

そのために、コンテナ技術の汎用化が日本のIT業界の成長にとって非常に有効であると言われているのです。

エンジニアたちの「containerdaysjp」に関する感想や意見を調査!

日本の未来を担っているといっても過言ではない日本の宝・エンジニアたちの、「containerdaysjp」に参加した感想や、ネット上にアップロードされた資料に関する意見など、リサーチしてみました。

Twitterで『#containerdaysjp』のハッシュタグがついた該当のツイートを検索してみると、現場にいる人ならではの視点で様々な意見が述べられていたので、ここでいくつかご紹介します。

開発に携わったことがない人間からすると、まるで暗号のようなツイートも多かったのですが、開発の現場ではこのようなハイレベルな会話が当たり前に交わされています。

メディアでは労働環境の改善などの問題ばかりが取り上げられていますが、実際に開発に携わっている人たちはやりがいを感じている方も非常に多いですし、実力によっては金銭的にも余裕が生まれやすい業種であるといえるでしょう。

今の職場から転職を考えている方やこれから就職活動をひかえている学生の方、IT業界への就職を検討してみてはいかがでしょうか?

冷静な分析や論理的な思考が求められるIT業界では、これまで気が付かなかった新しい自分の一面を発見することができるかもしれませんよ。

コメント