小中学生の子供の塾通いはいつから? 目的と環境に応じて時期を決めよう

小学校や中学校の勉強だけでは子供の理解が不十分ではないかと心配な時。
あるいは、中学・高校受験を見据えてもっと先に進みたい時。
子供を塾に通わせたいという場合には、このように様々な動機や理由があることでしょう。

しかし、塾といってもただ通わせればいいというものではありません。
ポイントは、「目標」に応じた「時期」を選ぶこと。
何のために塾へ通うのか、その目標を達成するにはいつから通うのが最適なのか。
それらをきちんと考えて塾へ通わせる時期を決めなければなりません。

今回は、小中学生の子供を塾に通わせる場合、いつからがよいのかについてみていきましょう。

小学生を塾に通わせる場合

目的別で時期を見定めよう

小学生を塾に通わせるという場合、何を目的とするのかが問題となります。
普通に勉強を進めるだけなら、学校の授業をきちんと聞いてさえいれば塾にまで通う必要はあまりありません。
いざとなれば親がついて勉強をみてあげることもできるでしょう。

したがって、小学校の塾通いの目的として考えられるのは、主に2つです。

・勉強の習慣を身につけさせたい
・中学校受験を視野に入れている

このどちらが主なのかということによって、塾に通わせ始めるタイミングも変わってくるでしょう。

勉強の習慣づけのため

自宅ではさっぱり勉強も宿題もやろうとせず、今はともかくこれから先が思いやられるといった場合、子供を塾に通わせることで勉強の習慣を身につけさせようと考える方もいるでしょう。

習慣をつけるのであれば、早ければ早いほどよいといえます。なぜなら、小学校高学年にまでなってしまったら、逆に「勉強をさっぱりやろうとしない」のが習慣となってしまうためです。
したがって、勉強をしようとしない子供に勉強の習慣をつけさせるというのが目的なら、小学校低学年のうちに塾へ通わせてしまうのがいいといえます。

中学校受験のため

習慣というのではなく、受験を突破するのに必要な学力を身につけさせたいのであれば、逆に塾通いを焦ることはありません。
学校と異なる塾の利点の一つは、受験に関する情報が集まっているところにあります。特に公立の小学校なら一人の児童に対して受験特化のカリキュラムは組めませんし、指導にも限界があるのです。

それに対し、塾は独自のツテとノウハウにより、受験情報を集めています。塾生が受験に合格すればそこから話を聞けますし、模試の分析なども積極的に行っています。
つまり、その年ごとに最新の情報が集められ、蓄積されていくのです。

中学校受験となると、幅広く極めて高度な知識や思考を問われるというより、その中学校ごとの個性を反映する「傾向」に合わせた対策も必要となってきます。
そこで、小学校低学年から中学年くらいまでは学校で扱う内容をきちんと理解し、高学年となってから中学校の問題傾向に合わせた塾での勉強に取り掛かればよいのです。

学校のテストと子供の理解

小学校で扱う内容は決して高度でも難解でもありませんが、6年を掛けて学ぶわけですから、分量としては少なくありません。
特に算数は、初歩の段階でつまずくと中学の数学の学習にも支障が出ます。

そのため、単元ごとに学校で行われるテストを親が確認し、もし子供の理解が追いついていないようであれば補助的に塾へ通わせることを考えてみてもいいでしょう。
学校での学習内容をきちんと理解させるための塾通いであれば、決まった時期があるわけではなく、子供の理解が怪しいと親が思った時点からでオーケーです。

まとめると、塾へ通わせる目的との兼ね合いで時期を選べばいいですが、学習内容の理解が目的なら子供の不理解に親が気づいた時点で通わせればよい、ということになります。

中学生を塾に通わせる場合

2つの「節目」

中学生を塾に通わせるという場合、目的は学校での学習内容をしっかりと理解させるためか、高校受験のためかのいずれかであることがほとんどです。

平成28年(2016年)時点での中学校の高校進学率は90%を超えており、学習内容を理解させるための塾通いとは、結局のところ高校進学目的と重なります。

・参考 文部科学統計要覧(平成29年版)
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2017/04/10/1383984_05.xls

そのため、中学生の塾通いの時期は、目的よりも節目で考えたほうがいいでしょう。
節目とは、「中学校への進学時」と「中学三年生への進級時」です。

中学校への進学時

まず中学校への進学時には、環境がガラリと変わります。
このタイミングで多くの子供が塾通いを始めることもあり、新生活の中で塾通いがスケジュールに組み込まれるというのが利点として大きいです。
今までの環境の中で新たに塾通いという余分な予定が入ってくるとなれば負担として感じられますが、環境自体が変わってしまえば、塾通いも変化の一要素でしかなくなるというわけですね。

実際、中学からは授業ごとに先生が変わる、定期試験が難しくなる、小学校での学習内容の理解を前提として発展的な内容を扱う、というように様々な違いが出てきて、勉強も難しくなります。
塾のサポートもそれだけ必要性が増してくるといえるでしょう。

中学一年生でつまずくと、その先の勉強も軒並み崩れるということは珍しくありません。
一つの節目として、中学校への進学と同時に塾通いを始めるというのは良い選択です。

中学三年生への進級時

もう一つの節目が三年生への進級時、つまり本格的に受験生となるタイミングです。
高校受験まであと一年となり、夏が終われば部活動も引退となるため、時間が確保できるようになります。
子供が、「自分は受験生なんだ」と自覚し、意識を切り替えるためにも、中学三年生になった時点で塾へ通い始めるのがいいでしょう。

先ほども述べたように、塾には受験情報が集まります。最新の情報を得るためにも、あと一年というところで塾のサポートを受けることにすると効率的です。
限られた時間で最大限集中して取り組むことで、コストを抑えつつ成果を挙げられるのですね。

子供の意欲と塾の通わせ方

子供が「塾へ行きたい」と言い出したら

「学校の内容がわからないようだから」
「受験対策として」
「勉強の習慣を身につけさせたい」

今まで述べてきたように、こうした目的から塾通いの時期を定めるのも一つの方法でしょう。
ただ、一番の「ベストタイミング」は、子供が塾へ通う意欲を示したときです。

子供なりに、今のままでは学校の授業についていけないだとか、学校の授業は遅すぎて受験対策としては心配だとか、自分の現状については考えているはず。
子供が「塾へ行きたい」と言い出したら、どうしてそのように望むのかを話し合い、塾へ通わせてあげるといいでしょう。

苦手科目対策として

塾に通わせるからといって、主要五教科を全て習わせると決まったわけではありません。
算数や数学が苦手ならそれだけ教わればいいですし、英語が苦手なら英語塾や英会話スクールへ通うという道もあります。

苦手科目が明らかに存在し、それをなくしたい、対策したいという場合であれば、なるべく早く塾に通わせるべきです。
特に、学校の授業だけではフォローできていないのなら、なおさらでしょう。
このときには、タイミングを見計らう必要もなく、手を打つのが早ければ早いほど効果的といえます。

小学校入学前

小中学生ではなく、幼稚園の段階から塾へ通わせるという場合もあります。
これはいわゆる学習塾というより英会話スクールや公文式などのように、文字の読み書きや英語でのコミュニケーションに触れさせるといった、学校の勉強の下準備という性質が強いものです。

こうした専門塾についても、子供の反応や意欲を窺いながら通わせるといいでしょう。

まとめ

「いつから塾へ通わせればいいか」という疑問に対しては、目的や環境の変化に応じて時期を選べばよい、というのが回答となりますが、もちろん本人の意欲が一番大事です。
「思い立ったが吉日」ではありませんけれども、子供自身が塾へ行きたいと望むなら、その時こそがベストなタイミングです。

なお、塾にも大手の集団講義から個別指導、少人数指導のものまで様々な形態がありますので、それも含めて子供と話し合いや見学をして決めるのがよいといえます。

コメント